スレート工事について

スレート工事について

厚生労働省は、労働安全衛生法施行令第16条を改正し、

平成16年(2004年)10月1日より「石綿含有製品製造及び使用等の禁止」が決定され、

原則として全製品が無石綿(ノンアスベスト)の波形スレートに変更することになりました。

波型スレートの特徴

耐久性
  • 波形スレートは、酸や高熱にさらされない限り、経年による材質の変化もなく耐久性は抜群です。
遮音性
  • 大波スレートは鉄板と比較して、一般騒音である250~1000ヘルツの周波数帯での遮音性が優れており、雨音による発生音も小さく、建物内の環境を保ちます。
耐火性
  • 波形スレートは法定不燃材料であり、他の材料との組み合わせにより各種防火・耐火構造として認定されていますので、JISおよび法的規制を受ける広範囲の分野で使用されています。
経済的
  • 耐久性に優れているので、維持費・メンテナンス費用が抑えられ、経済的な建材です。修理する際も1枚から交換することができます。

葺き替えのメリット

  1. 既存のアスベスト混入スレートを撤去することにより、環境面、健康面への不安がなくなり、工場内の作業環境が向上します。
  2. 波形スレートは法定不燃材認定を受けており、他の材料との組合せにより、各種防火・耐火構造として認定されています。
  3. 老朽化したスレート屋根に、同じ材料のスレートで葺き替えする場合、修繕費扱いの損金処理ができ、節税対策になります。
  4. 老朽化したスレート屋根に、異なる材質の屋根材で葺き替えする場合、損金処理は適用されず、償却資産になってしまいます。
  5. 特殊な環境(工場内で酸や高熱が発生)でない限り、経年による材質変化が少ない為、2、30年メンテナンスの必要なく、維持費が不要です。
  6. 一般騒音である250~1000Hzの周波数での遮音性が優れていて、降雨時に発生する騒音も小さい為、工場内の作業環境を保ちます。